通り山「立石の鼻」で良型・50cm含むチヌがヒット!/牛窓(岡山県)

投稿者
泉田 勝

がまかつフィールドテスター、マルキユーフィールドテスター、サンラインフィールドスタッフ、GFG中国地区本部事務局長、花遊会、MFG所属

泉田 勝をフォローする

9月23日(祝日)、岡山県内地磯の「通り山」エリアにまこと渡船さんで釣行しました。

上がった磯は「立石の鼻」。足場の高い4畳半くらいのスペースのある離れ磯です。

通り山 立石の鼻
海上から見る釣り場
南向きには大きなシモリが点在しており、魚を掛けてもとりにくい

 

磯に上がり辺りを見回すと、南向きは大きなシモリが二つありましたので、西を向いて釣り座を構えました。

餌取りの反応が多いだろうと予想したので、ウキは『松山』を使って餌取りのアタリさえも明確に出る様なセッティングにしました。

 

釣りを開始して20分くらいすると魚の反応が出始めます。ベラやフグが活発に動いており、毎回アタリがあります。

最初はアタリと同時に餌がとられていましたが、しばらくするとアタリはあるのに餌が残り出しました。そこでガン玉を軽くしウキの余浮力を大きくして最初の引き込み抵抗をわざと大きくします。すると餌取りではアタリが出ずに、本命のみがウキを消し込むようになりました。

ここからはチヌのラッシュに入ります。ただ、型が小さくワッペンサイズから30cm以下の入れ掛かり状態です。

 

そのうち良型が寄ってくるのを信じて何度も仕掛けを投入していると、10時頃、今までとは違う引きで、がま磯『チヌ競技スペシャルⅣ06-53』が曲がります。

何度も魚は海底へと突っ込みますが、浮かせる力が早い竿のためシモリに当たる事もなくスッと浮いてきました。納得のサイズで釣り上げたのは50cmの良型チヌでした。

50cmのチヌを釣り上げた筆者

 

その後もアタリはありますが、小型チヌのラッシュのため釣っては即リリースの繰り返しです。

そのうち潮が手前に当てて来るようになりチヌの気配を感じました。するとウキがモゾモゾとして50cmほど入ります。その後。ウキが全く見えなくなったのでアワセを入れると先程のような重量感はありませんが40cm級のチヌが掛かりました。

 

その後もグレや小型チヌが釣れ続きますが、時間が来ましたので納竿としました。

泉田 釣果
グレ
30㎝級のグレがエサ取りだった

《釣行メモ》

釣行日 2021年9月23 日
潮汐 大潮
 満潮  12時16分
 干潮  06時21分
  (宇野)

利用渡船/まこと渡船

 

《使用タックル》

竿 がま磯 チヌ競技スペシャルⅣ 06-53 がまかつ
リール BB-Xテクニウム2500DXGS LEFT シマノ
道糸 松田スペシャル競技 ブラックストリームマークX 1.5 号 サンライン
ハリス 松田スペシャル競技 パワーストリーム1.5 号、1.25号 サンライン
ウキ 松山LL 浮力BB、3B、BB-BB サンライン
ハリ チヌエース 3号 がまかつ
松山 サンライン ウキ
ウキ『松山』/本命のみのアタリを出すためにガン玉と併せて数種類の浮力のものを使用した

 

トルネード松田スペシャル競技パワーストリーム
サンライン『トルネード松田スペシャル競技パワーストリーム』を使用

 

《使用したエサ》

サシエ くわせオキアミスペシャルL、くわせオキアミ食い込みイエローL マルキユー
マキエ チヌパワームギスペシャル、チヌパワー激濁り マルキユー
マルキユー『チヌパワームギスペシャル』と同社『チヌパワー激濁り』を使用。『激濁り』は非常に使いやすい配合餌でした
サンライン(SUNLINE) ウキ 松田ウキ 松山 LL 朱 #4-4

サンライン(SUNLINE) ウキ 松田ウキ 松山 LL 朱 #4-4

5,880円(10/22 20:05時点)
Amazonの情報を掲載しています