がま磯 スーパープレシード0.2号&0.6号登場/南 康史

投稿者

フカセ倶楽部編集部スタッフです。大会リポートについては大会関係者から送られたものを「フカセ倶楽部編集部」として掲載していることもあります(※本文最後に報告者を記載)。

フカセ倶楽部編集部をフォローする

待望のチヌ号数〈0.2号〉&〈0.6号〉を追加!

魚をいなす曲がりと操作性を両立した「至極の本調子」を武器に、各地で多くの実績を上げている『スーパープレシード』。2022年、チヌにターゲットを絞った0.2号と0.6号がラインナップに加わった! テストを担当した南康史さんに本製品について紹介してもらおう。

がま磯スーパープレシード
1〜2号のグレ号数に次いで0.2号と0.6号のチヌ号数が追加

 

南康史とスーパープレシード
南康史

南 康史(みなみ やすし)
G杯チヌV4をはじめ、数々の大会で上位入賞を果たすフカセ釣りのエキスパート。がまかつ・サンライン・マルキユーフィールドテスター、GFG所属、club G’s会長

『スーパープレシード』の大きな特徴*は、先調子でも胴調子でもなく、ロッド全体がきれいに曲がりつつ、操作性にも優れる理想の「本調子」を実現した点です。

これは実際に魚を掛けると感じていただけると思いますが、「どこまで曲がるの?」と思うほどスムーズに曲がり込みつつ、それでいて粘り強いパワーで魚を浮かせることができるんです。

そんな『スーパープレシード』にこのたびチヌをターゲットにした0.2号と0.6号が仲間に加わりました。

0.6号は言うなればオールマイティモデルで、エリアや時期を問わず活躍してくれる1本です。

一方の0.2号はこれまでになかった初めての号数で、簡単に言うとチヌの引きを存分に味わえる0号と、大型も安心して取り込めるパワーを備える0.6号の中間に位置していて、両者のいいとこ取りをしたモデルとなっています。

細ハリスを用いた繊細な釣りをサポートしつつ大型も獲れるパワーを備え、小型のチヌが相手でも竿がしっかり曲がってやり取りを楽しむことができます。

竿の号数に関してはフィールドや時期、各人のスタイルにもよりますが、大型が狙える釣り場や安心感のあるやり取りを楽しみたいという人は0.6号、私のようにじっくりとチヌの駆け引きを味わいたいという人は0.2号がおすすめです。

がま磯 スーパープレシード 0.6号&0.2号スペック

スーパープレシードアップ

高強度かつ高弾性化を図った炭素素材の「TORAYCA®T1100G」や、しなやかで衝撃吸収性の高い特殊素材を適材適所に配置した「イナシステム」など、最新の素材と設計システムを搭載。

スーパートップⅡ

高次元のしなやかさと感度、繊細さを併せ持つ次世代ソリッドトップ、「スーパートップⅡ」を装備。

ガイド

糸絡みの減少、糸通りのよさを追求したIMガイド(オールチタン)を採用。

スクリュー型リールシート

ガタつきを排除し、リールをしっかり固定できるスクリュー型リールシート。

グリップエンド

グリップ周りはラバーが施され、濡れた手でも滑りにくく抜群のグリップ力を発揮。

仕掛けを投げる南さん

25gを超える重量級のウキを『スーパープレシード』で投入する南さん。仕掛け投入時、竿には高い負荷がかかるが、それでもコントロールよく投げ入れることができる操作性のよさも強い武器。

南ウキキングモデル

南さんが監修したウキ『南ウキ キングモデル』(釣人館ますだ)。この重量級のウキも正確に投入することができる。

「慣れもあるでしょうが、ウエイトのあるウキでもストレスなく軽快に扱うことができますよ」とのこと

竿を持つ南さん

『チヌ競技スペシャルⅣ』や『ブラックトリガー』、『黒冴』などと比べて自重は増しますが、ガイドやリールシートの位置など何度も改良を重ねて、持ち重りを軽減させることができました。このバランスのよさも特徴ですね

スーパープレシード竿曲げ

「チヌとの駆け引きをじっくり味わえる軟らかめの竿が好き」と言う南さん。最終テストで訪れた志々島(香川県)では、『スーパープレシード』0.2号で丸々と太った53cmを難なくキャッチ。

この竿を使うと驚くほど魚が暴れず、大型が相手でも臆することなくやり取りできる!

竿を曲げる
チヌを持つ南

スーパープレシードのテストは瀬戸内を舞台にシーズン通しておこない、徹底的に作り込んだ。「納得の仕上がりに満足しています。ひとりでも多くの方に使っていただきたいですね」と南さん

オールジャンル
シェアする
フカセ倶楽部編集部をフォローする
フカセ倶楽部