大会報告『第2回宿毛マッスルカップチヌ釣り大会』

投稿者
アバター

(なかにし つよし) 広島在住。チヌフカセ釣りの名手。2010年マルキユー・MFGカップ全日本チヌ釣り選手権優勝。2011年G杯チヌ優勝。2012年G杯チヌ優勝。2014年G杯チヌ3位。がまかつフィールドテスター、マルキユーインストラクター、東レインストラクター、ソルブレフィールドテスター

中西 毅をフォローする
宿毛湾大会 集合写真

●主 催/岩成 博司、村上 千春、中西 毅
●会 場/宿毛湾一帯

2019年3月24日(日)、高知県宿毛市宿毛湾一帯にて宿毛市観光協会様と地元渡船組合「だるま夕日フィッシングクラブ」様のご協力のもと、宿毛名物「マッスルチヌ」を狙う懇親チヌ釣り大会が開催されました。

参加者は、千葉、大阪、兵庫、岡山、広島、島根、高知と遠方多岐に渡る総勢34名です。

当日は西風が強かったものの温かい釣り日和に恵まれ、宿毛湾の大藤島、桐島、大島、池島方面の広い範囲で多くの参加者が「マッスルチヌ」の強い引きを楽しまれたようです。

釣果はやや磯ムラがありましたが50cmオーバーが多く仕留められており、どうにもならない強い引きで「ぶち切られた!」という話もあちこちで聞かれました。

 

そんな中、「大島赤灯台西の磯」に降りられた地元の谷本選手は50cm級ばかりを3匹揃え、4,530gでみごとに優勝されました。

また、「大藤島タタミ」では、広島の村上選手が58.3cm、3.5kgの超大物を取り込まれ、宿毛湾のポテンシャルの高さを見せつけられました

村上選手と58.3cmのチヌ
村上選手と58.3cmのチヌ

上位3名には宿毛市観光協会様から6月29日~30日に開催される「第7回宿毛チヌ・パラダイスカップチヌ決勝大会」の出場権をいただきました。

 

本大会では、がまかつ様、木下慎也様、白築理香様、宿毛市観光協会様、ソルト・ブレイク・ジャパン様、東レ・モノフィラメント様、豊川晋基様、マルキユー様より多くのご協賛をいただきました。

また、岡山の割烹「どう前」様からペアお食事券をご協賛いただきました。この場を借りて厚くお礼申し上げます。(報告/中西 毅)

宿毛湾チヌ釣り大会上位3名
大会上位3名

大会結果

優勝 谷本 鋼紀(高知県) 4,530g
2位 福間 猛央(大阪府) 4,277g(パラダイスカップ決勝大会出場権獲得)
3位 木下 慎也(兵庫県) 4,160g(パラダイスカップ決勝大会出場権獲得)
4位 小川 達也(島根県) 4,126g(パラダイスカップ決勝大会出場権獲得)
5位 石田 啓二(広島県) 3,950g
6位 内匠 喜久(大阪府) 3,928g
7位 村上 好信(広島県) 3,535g

(敬称略)

※優勝・谷本選手は決勝大会出場権を辞退。2位、3位、4位の3選手がパラダイスカップ決勝大会出場権を獲得。

マッスルカップチヌ上位7選手
上位入賞の7名
優勝 谷本選手
優勝者谷本選手
パラダイスカップチヌ決勝戦出場権を獲得した3選手

大会ギャラリー

村上さんの58.3cmの巨チヌ
マッスルカップの受付
朝の受付風景
一般社団法人宿毛市観光協会の挨拶
一般社団法人宿毛市観光協会の挨拶
宿毛湾渡船風景
マッスルカップ検量
検量風景
アドバイザーの挨拶
賞品
用意された賞品