MFG九州枠代表決定戦グレセミファイナル

投稿者
フカセ倶楽部編集部

フカセ倶楽部編集部スタッフです。大会リポートについては大会関係者から送られたものを「フカセ倶楽部編集部」として掲載していることもあります(※本文最後に報告者を記載)。

フカセ倶楽部編集部をフォローする
スポンサーリンク

○主催/MFG九州

2019年6月23日(日)に「MFG九州枠代表決定戦グレセミファイナル」を大分県鶴見において参加者18名で行いました。今回の参加者は2018年11月18日(日)に大分県一帯で開催された「第12回MFG九州クロ釣り選手権大会」 の上位18名の選手です。

この18名で1回戦は2名1組、2回戦以降は3名1組のトーナメントによって争われ、1位の方には2019年11月に愛媛県日振島にて開催予定の「第7回マルキユーM-1 カップ全国グレ釣り選手権大会」の決勝大会への出場権が贈られ、2~5位の4名が2019年9月29日(日)長崎県宮ノ浦にて行われる「第7回マルキユーM-1 カップ全国グレ釣り選手権大会九州地区セミファイナル」への出場権が贈られます。

競技規定はすべてのブロックでグレ25cm以上の9匹以内の総重量で競います。

 

当日は雨予報でしたが閉会式までなんとか持ちこたえてくれて、無事に雨も降ることなく大会を終えることができました。

1回戦、2回戦ともにほとんどの選手に釣果があり、見応えのある試合運びとなりました。

決勝戦は3選手ともに序盤からグレの活性が非常に悪く、エサ盗りのバリやチャリコに終始手を焼いていました。特にバリは非常に多かったように見えました。

2ラウンド目の交代5分前に薮田選手が価値ある1匹のグレを引き出し、最後まで逃げ切った試合展開となり、決勝大会への切符を手にしました。

最終結果は、2位の城本選手、3位の阿南選手、4位の高山選手、5位の大津選手の4名がセミファイナルへの出場権を獲得しました。

報告/茂 大樹(MFG九州 東九州地区事務局)

大会結果

優勝 藪田義人(大分県)/決勝戦結果1匹 495g
2位 城本 透(大分県)/決勝戦結果0匹
3位 阿南卓巳(大分県)/決勝戦結果0匹
4位 高山真一(宮崎県)/順位決定戦結果5匹 1,780g
5位 大津友和(大分県)/順位決定戦結果3匹 1,145g
6位 幸 鉄也(大分県)/順位決定戦結果2匹 500g

薮田選手のコメント(決勝戦時)

配合エサは梅雨時期なので、エサ盗りの活性が高いと考えて、まずまとまりのいい『グレパワーV9』と『グレパワーV9スペシャル』を選択し、沖のエリアへの遠投を考えてブレンド。

またスロープ状に沈下してくれる『遠投ふかせTR』で横の層にもマキエの拡散性を武器に使用し、あと集魚力を考慮して『爆寄せグレ』と『グレパワーVSP』を配合。

足元にはエサ盗りがいたので、はじめは沖の約20mラインを攻めていましたが、グレのアタリはあまりなく、釣れるのはバリ、タイなどの他魚でした。ここでマキエをあまり沖に打たず、少し休ませる意味を含めて、手前の瀬際周りとエサ盗りのいる外を集中して仕掛けを入れると、運よく1匹が釣れました。

この唯一の釣果は2ラウンド目、瀬際から10mくらい沖でタナは2ヒロ程度でした。

配合エサ:『グレパワーVSP』『グレパワーV9』『グレパワーV9スペシャル』『爆寄せグレ』『遠投ふかせTR』
サシエ:『くわせオキアミV9(M)』『くわせオキアミスペシャル(M)』『グレ丸』『スーパーハード(M)』を『グレにこれだ!』と『活性起爆剤グレ』に漬け込んだもの。