ガルツ『煌技』でチヌ釣り/櫃石島 大わらじ岩(坂出市・倉敷市下津井出船)

投稿者
勇洋司

(いさむ ようじ)。磯釣り歴 20年。岡山県倉敷市下津井沖がホームグラウンド。フカセ釣りをメインに日本海での船釣りも楽しむ中年釣り師。GFG、MFG、Club G's 所属。ガルツテクニカルスタッフ

勇洋司をフォローする

地元、岡山県倉敷市下津井から「矢吹渡船」で岡山県倉敷市・櫃石島「大わらじ岩」へ「フカセ釣り」で釣行してきました。午前7時出港、15時帰港便です。

櫃石島 チヌ 釣り

早朝の瀬戸大橋

櫃石島 大わらじ岩 釣り

大わらじ岩

櫃石島 大わらじ岩から

櫃石島を見る

「大ワラジ岩」独立岩で足場は良く瀬戸大橋も近くに臨めロケーションも最高です。ただし、満潮時は荷物を岩の上に上げるので少し窮屈になります。

既に満ち上げの潮が入っていて「ワラジの地」の先端をかすめ徐々に潮流が増しています。
本流の引かれ潮、合流点、潮の壁、シモリ付近などがポイントになりそう!

引かれ潮へ撒き餌を打ちながら、仕掛けを準備!

ウキはガルツ『煌技 G2』(オレンジ)を選択。 道糸1.75号でハリスは1.5号を3ヒロ取り、直結部上に潮受け『GPC-M』をセット!

ハリスにG5を2個均等打ちして、針はがまかつ『遠投チヌ』2号を結びます。

シモリ玉は使わず、ハリスで作る「なるほどウキ止め」の位置により半遊動、全遊動の切り替えでチヌのタナを探っていきました。

竿は真鯛を意識した がまかつ『がま磯 チヌスペシャル マスターモデル 53』です。

今回使ったガルツの新しいウキ『煌技』と私の中で使用頻度の高いモデル『銀舞』との比較を紹介します。

ガルツ 煌技 紹介

ガルツ『煌技』

大きさはほぼ同じですが「煌技」の方が丈(高さ)が低く小ぶりで、下膨れが広く、底部の形状は少しシェイプされています。

ウキの重心位置が違うのか よりどっしりとした安定感を感じました。

余浮力は新浮力規格SDV(サブディビジョン)でよりシビアになっていますね。 自重は若干軽めですが十分に飛距離が出るので、今回のポイントでは問題ありません。

もちろん「ボリュームバランスウエイトシステム」で感度も良く、光沢のある塗装で水中下でも視認性も抜群でした。

釣っている途中で『煌技』G7、G8浮力(イエロー)へ交換し、エサの付いた針が先行するよう意識してみました。

この日は合流点でのアタリが多かったです。

今回の釣果ですが、狙いの真鯛は出ませんでしたが37cmのチヌを頭に5匹、美味しいウマズラハギも釣ることができました。

チヌ ウマヅラハギ 煌技

釣果

煌技 使用

使用した『煌技』

私のチヌ釣り「お気に入りアイテム」の仲間入りです。使いやすいウキになっていますので是非お試しください。 益々寒くなりますが負けずに また出掛けてきますね。

バッカン 活かしバッカン

《釣行メモ》

釣行日2018年12月24日
潮汐中潮
 満潮 12時30分
 干潮 05時55分
(与島)

《使用タックル》

竿がま磯 チヌスペシャル マスターモデル 53がまかつ
リールインパルト競技LBDダイワ
道糸磯スペシャル マスラードⅡ 1.75号サンライン
ハリストルネード コング 1.5号サンライン
ウキ煌技 G2、G7、G8ガルツ
潮受けナビGPC Mガルツ
ハリ遠投チヌ、チヌR他 2〜3号がまかつ

《エサ》

サシエ食い込みイエロー、くわせオキアミスペシャル、食い渋りイエロー&高集魚レッドマルキユー
マキエチヌパワームギスペシャル、チヌパワーダッシュ、瀬戸内チヌ+オキアミ生6kgマルキユー

《利用渡船》

矢吹渡船