津田埋立地(香川県さぬき市)/のんびり楽しむ波止チヌ

投稿者
編集部りょーた

レジャーフィッシング編集部スタッフ。四国在住。ルアーを中心に仕事の合間に釣りを楽しむ釣り好き編集者。

編集部りょーたをフォローする

4月22日、乗っ込みチヌを狙ってきました。

釣り場に選んだのは、さぬき市にある津田埋立地。釣り場となる波止や岸壁は足場がよく、近くにトイレも整備されているため、胃腸が弱い自分にはもってこいの釣り場です。

正午過ぎに到着すると、北向きに延びる波止には投げ釣りやフカセ釣りを楽しんでいる方が3名ほどいたので、西向きに延びる波止の付け根から竿を出すことに。

津田埋立地 波止 釣り
西向きに延びる波止で竿出し。右は一文字です
正面にはイルカと触れ合える「日本ドルフィンセンター」
釣りをしながらイルカを見ることが可能♪

準備が整った12時30分に釣りを開始。

まずは00号のウキを使った全遊動仕掛けでチャレンジしますが、時おり右方向から吹く風でラインがあおられて釣りづらい……。

そこで『征黒』2Bを使った半遊動仕掛けにチェンジ。

竿1本半のところにウキ止めをセットして30mほど沖を狙ってみると、1投目からアタリが! 

しかし、ヒットしたのは20cmほどのアイナメの子どもでした。

「ウキ下が深すぎたかな?」と思い、ウキ止めを竿1本ほどにセットし直して釣ること30分、ウキがゆっくりシモりはじめて徐々に加速。

すかさずアワセを入れると、ズシリとなかなかの重量感! チヌの引きを存分に楽しんで取り込んだのは、お腹パンパンのジャスト40cm。

津田埋立地 釣れたチヌ
1匹目は40cmジャストのきれいな個体

その後、次第に潮が引いて足元の海藻にラインが取られるようになったので、波止先端方向に少しだけ移動。

そして、ウキを『ゼクトα』の2Bに変更し、気合いを入れ直して探ること数投目、気持ちよくウキを引き込むアタリで43cmがヒット!

編集部 りょーた
2匹目はサイズアップして43cm! 
楽しすぎてすごい顔に(汗)

連発を期待して釣り続けるも、そこからサシエさえ盗られないまったりムードに突入。

仕掛けや狙う場所を変えながら釣り続けること1時間、ふと気がつくと海面からウキが消えていました。

慌ててアワセを入れてキャッチしたのは40cmのチヌ。「釣った」ではなく「釣れていた」魚でしたが、それでもうれしい1匹です。

津田埋立地 良型チヌ
3匹目も40cmジャスト

ここで時刻は16時を迎え、帰って夕食の支度をしなければならないので納竿。

短時間の竿出しでしたが、40cmオーバーが3匹の釣果に大満足! 

最後にこぼれたマキエを洗い流し、岐路につきました。

香川県では一帯でチヌの好釣果が上がっており、各所で50cmオーバーの大型が釣れていますよ!

いつ行きます? 今すぐでしょっ!!

今回のタックルとエサ

タックル

竿: ツインパルサーSZ 1.2-485/520(シマノ)
リール:BB-Xデスピナ C3000DXG(シマノ)
道糸:銀狼ライン 1.75号(ダイワ)
ウキ:征黒 2B、ゼクトα B(釣研)
ウキ止め:なるほどウキ止め糸(オーナーばり)
ハリス:トルネード コング 1.25号 2ヒロ半(サンライン)
ハリ:遠投ハヤテ 6号(オーナーばり)
ガン玉:ナビ下に2B(B)、ハリス中央にG7

マキエ

チヌパワームギスペシャル、チヌベスト(マルキユー)
スライスオキアミ キザミッコ2kg(ヒロキュー)

サシエ

くわせオキアミ食い込みイエロー(マルキユー)

くわせオキアミイエロー

ポイント

ポイントの詳細は『空撮 波止ガイド香川版』参照