泊浦(高知県大月町)/無名磯でデカチヌ乱舞! 国見孝則

投稿者
国見孝則

(くにみ たかのり)
高知県在住。マルキユーカップ全日本グレ釣り選手権大会優勝ほか、全国大会で数々の上位入賞を誇る。鬼掛・マルキユーフィールドテスター、東レラインテスター、景山産業のサポートを受ける

国見孝則をフォローする

ここ最近、毎年恒例となっている高知県大月町泊浦のデカチヌの乗っ込みシーズンがいよいよ開幕間近! ということで、3月2日に釣友のやましん( 山下真也くん) とまっつん( 松本康佑くん) の3人で試し釣りに行ってきました。そのときの模様を紹介させていただきます。

※レジャーフィッシング2019年5月号に掲載したものを加筆、修正したものです

Text:国見 孝則(くにみ たかのり)/高知県在住。マルキユーカップ全日本グレ釣り選手権大会優勝ほか、全国大会で数々の上位入賞を誇る。鬼掛・マルキユーフィールドテスター、東レラインテスター、景山産業のサポートを受ける

チヌ持つ国見
初めて渡った磯で釣り上げた56cm

泊浦の新規の磯を開拓

泊浦には手つかずの磯がまだまだたくさんあります。それらの磯に釣り人が上がったことは一度もなく、名前も付いてない新天地です。船頭さんの話では、その新天地で55㎝以上のチヌを釣ると、磯に名前が付けられるというのです。

これは55㎝オーバーを狙うしかありません!

3月2日、午前6時30分ごろ、その新天地を求めて出船。港を出てすぐにいかにもという磯がありましたが、せっかくなので泊浦の南に隣接している橘浦という漁港の近くまで行ってみることに。

何カ所かよさそうな磯があり迷いましたが、一番らしくない磯でチャレンジしてみることに。正直、船頭さんも他の釣り人も首を傾げるような磯です。

磯のすぐ後ろには砂浜があり、水深も浅く海底は岩礁に砂地混じりのフラットな感じの地形です。夏場のチヌ狙いではよさそうな感じですが、この水温の下がった寒の時期はどうなのか……。釣り人が初めて上がる磯はまったく釣れないか、居着いているチヌがいれば爆発的な釣果かのどちらかです。

40〜50m沖までの海底は、渡船の上からうっすらながら見えていたのでイメージができます。海底はフラットだったので走らせても大丈夫だな〜と思いながら、今回使用するタックルをセットします。

これからアタってきてくれるかもしれないチヌの引きを存分に楽しもうと思い、竿をシマノ『 鱗海マスターチューン』06号-530をチョイス!

鱗海マスターチューンを曲げる国見

午前7時30分、デカチヌめざして実釣開始。ウキは国見工房『競技 TRlPLE-K』3Bをセットし、タナを7mに設定して海底が白色(砂地)から少し黒く(岩礁)なっているのがひと際目立つ40mほど沖をダイレクトに狙うことに。

イメージ的には砂地から岩礁になっている際を点で探っていく感じです。潮流はゆっくりと右沖から左手前に押される感じで、風は強くはないのですが向かい風です。

1投目、2投目とサシエが残り、押される潮と向かい風でサシエがポイントで落ち着かない感じだったので、もう少しタイトに狙えるようにチモト(ハリ上30cm)にG5を追加してサシエをより落ち着かせてみました。

小さなガン玉ですが、威力は絶大! いきなりウキをスッと引き込むアタリが出ました。

じっくり待ってアワセを入れてみると、小気味いいトルクのある引きが竿を伝って腕に乗ってきました。間違いなくチヌです。慎重にやり取りして浮かせたのは、45cmのきれいなチヌでした。

デカチヌと呼ぶにはほど遠いサイズでしたが、新天地での最初のチヌにテンションはMAX!️

そしてこれからがすごかったのです。

40〜50m沖を同じような攻め方で、46〜53.5cmが1投1匹のペースで怒濤の5連発! しかし、なかなか狙いの55cmオーバーが釣れません。

まんまるボディの53.5cm

その後は3人で釣り座をローテーションしながらデカチヌを狙います。ローテーションと言っても3人が肩を並べて釣るような距離ですが(汗)。

やがて迎えた11時30分、これまでの右沖から左手前に押される潮が緩み、仕掛けがなじみやすくなったかなと思った瞬間でした。弛ませていたラインが一気に張り、指で押さえていたスプールのラインがバリバリッと弾かれました。

じっくり送り込んだ後にアワセを入れてみると、重量感とトルクある強い引きが伝わってきました。この日一番の強烈な引きで、バットからひん曲げてドキドキさせてくれたのは、待ちに待った55cmオーバー、56cmのコンディション抜群のきれいなデカチヌでした! 

55cmアップのチヌが出たその後は、ゆっくりまったりと納竿の16時30分まで45〜54.5cmのチヌを7匹追加して、泊浦のデカチヌの引きを堪能することができました。

もちろん、無名磯で55㎝オーバーを釣ることができたので、この磯の名前を「クニミバエ」と命令しました。ちょっと恥ずかしいけどうれしいですね。

クニミバエ 泊浦
「クニミバエ」と命名された磯

まだまだ泊浦の新天地は無数にあります。️55㎝オーバーのデカチヌを釣って、無名磯にぜひ名前を刻んでみてはいかがでしょうか。️

その後も大型チヌがヒット!

その後も国見さんは泊浦で無名磯で大型チヌを釣り上げている(ここからは編集部制作)。

3月15日 55.3cm「クニノリバエ」

翌々週の3月15日にも泊浦の無名磯に調光した国見さん。この日は49.5cmと55.3cmを釣り上げて、この磯は「クニノリバエ」と名付けられた。

クニノリバエ

3月18日 58.5cm「クニタカバエ」

3月18日には58.5cmの大型チヌをキャッチ! これを頭に57.3cm、55cm、54cm、52cm、50cm、47cmのチヌをゲットした。

荒食いブラウン

ヒットエサはマルキユーの『荒食いブラウン』。さなぎ成分とアミエビを配合し、抜群の食い込みを誇る練りエサだ。

クニタカバエ

この磯は「クニタカバエ」と名付けられた

泊浦

利用渡船/大月遊漁センター