夕マズメに50cm超のチヌが連発!/北灘湾(愛媛県宇和島市津島) 2019年4月16日

投稿者
フカセ倶楽部編集部

フカセ倶楽部編集部スタッフです。大会リポートについては大会関係者から送られたものを「フカセ倶楽部編集部」として掲載していることもあります(※本文最後に報告者を記載)。

フカセ倶楽部編集部をフォローする

ガルツ『銀翔』&『剛鱗』で遠投勝負

今回「巨チヌ」を狙って釣行したのは知念友樹さんと金子大介さん。知念さんは松山市在住ながらこのエリアの波止に足繁く通い、大型を幾度も仕留めている「巨チヌハンター」。その知念さんが目星をつけたのが、宇和島市津島町にある北灘湾の波止。

今回の釣り人
知念 友樹(ちねん ともき)/沖縄出身で現在は愛媛県松山市在住。子どものころから釣り好きで、現在はフカセを中心に釣りを楽しむ。第7回シマノジャパンカップクロダイの優勝者。ガルツテクニカルスタッフ
金子 大介(かねこ だいすけ)/佐賀在住。仕事がら西日本各地で竿を出す。ガルツテクニカルスタッフ

この波止は岩礁帯の上にあって周囲は浅い。30m以上沖にカケアガリがあり、そこが狙い目なのだという。

この日は干潮が11時ごろだったので、これからはより浅くなっていく。遠投が基本の釣りになりそうなので2人は遠投できる仕掛けで挑む。

遠投する場合はウキの選択が大切。知念さんが選んだのはガルツのニューフロート『銀翔』。金子さんはこちらもガルツのニューフロート『剛鱗』を選択。

《右が知念さんが使用した『銀翔』。左が金子さんが使用した『剛鱗』》

どちらもチヌ用に開発されたウキで遠投対応モデルである。

知念さんは浮力0号。G3のガン玉を1個打ち、少し速めに仕掛けを入れ、手返しよく探るような釣り方で反応をうかがう。金子さんはG2のウキを使った半遊動仕掛け。ウキ下を5.5mほどに設定して、タナになじませてじっくりと狙うことに。

準備が整い6時半に釣り開始。

「このエリアは夕マズメに食いが立つことが多いですから、しばらく厳しい時間が続くと思います。でも移動せずにじっくり狙っていきましょう」と知念さん。

先端で釣る知念さん

2人ともカケアガリの沖を狙って30mくらいの遠投でスタート。さっそくアタるがエサ盗り。ここからエサ盗りの猛攻に遭う。

コッパグレ(小型グレ)もやっかいだが、とにかくフグが多い。サシエをオキアミから練りエサにするがそれでも瞬殺。そこでコーンにしてみると、こちらは一転して無反応。

そこで金子さんはオキアミボイルを使ってみることにした。

エサ盗りの猛攻に耐える2人に追い打ちをかけるように横風が吹きはじめた。知念さんはそのまま粘ることにし、金子さんはひとまず背風になるように釣り座を移動。港内側(南東向き)を狙う。

「ここからだと、カケアガリがさらに遠いですね。もっと遠投が必要ですよ」

金子さんはフルキャストして40m沖を狙う。唯一よかったのは追い風でマキエが届きやすいことだとか。しかしエサ盗りの猛攻は収まらない。

「それもキツいですけど、潮がコロコロ変わるんですよねぇ……。近くに川があるからでしょうか?」

潮は右に流れたかと思えば左に変わる。流れている間はとにかくエサ盗りが食う。やはり夕マズメを待つしかないのか? と思ったら潮が止まり、エサ盗りも食わないようになる。

知念さんも同じ状況とのこと。

めげずに遠投を繰り返す金子さんと知念さん。

そしてまた潮が動きはじめた10時過ぎ、金子さんにフグが3匹連続で釣れたあと、それまでより強くウキを引き込むアタリがきた。アワせると竿が大きく曲がる。これはチヌ! しかもデカい!

釣座を移動した金子さんにヒット

「潮が動きはじめたときにチヌにスイッチが入った感じですね」

 40m沖で掛けているので引きは十分に味わえる。じっくり楽しんで手にしたのは52㎝のナイスサイズ。

「このクラスが来ると四国西南部に来た! って感じがしますね!」

ガルツ 金子さん 大型チヌ 北灘湾
北灘湾の大型チヌ 検寸
52cmの年無しチヌがヒット

○金子さんの仕掛け

しかしここからまた長い沈黙の時間が続くこととなった。

夕マズメに時合到来! 52cmが連続ヒット!

昼を回っても状況に変化なし。知念さんは夕マズメに必ずチャンスがあるとのこと。

2人ともあきらめず遠投を繰り返す。この時間帯から風が強さを増し、道糸が風に押されて仕掛けが入っていかないので、金子さんはウキを『銀翔』の3Bに変更。ガン玉も多めにして、仕掛けをタナへなじませる。

一方の知念さんは、ハリスにG5のガン玉を1個打ったり外したりする程度で仕掛けは大きく変えない。カケアガリを直接狙ったり、沖でなじませて全遊動仕掛けの特性を活かして誘いをかけながらカケアガリに寄せたりして、チヌからのアタリを待つ。

そして迎えた16時。金子さんのウキがアタリをとらえた。勢いよくウキが走りはしなかったが、フグとは違う重々しいアタリだった。これも52㎝とナイスサイズ。

「最初アワせたときにあんまり走らないから40㎝くらいかと思ってたら、急に引きはじめました。いや〜、うれしい1匹ですよ」

知念さんも少し遅れて連発モードに。「やっときましたよ〜!」と52㎝をなんなく取り込んでみせた。沖縄出身で大物釣りをやっていたので、大きな魚とのやり取りはお手のものなのだ。

知念さん大型チヌ 銀翔
52cmのチヌを持つ知念さん

○知念さんの仕掛け

そしてこのあと、再び知念さんにヒット。

「これはでかい!」と唸らせる大物だ。1・5号の竿を絞り込んで、かなりの引きを見せる。もしやロクマル? と思わせるが惜しくもハリはずれ……。

そのあともう1匹きたがこれもハリはずれ。

「時合にこれは……。修行が足りませんね……」

知念さんはその後、キビレとナイスサイズのグレをキャッチして納竿。

知念さんとグレ 北灘

グレもこんなサイズが波止から出るとは、さすが四国西南部。逃したチヌは惜しかったが、読み通りに夕マズメの連発劇を見せてくれた。

北灘湾はチヌの魚影の濃いエリア。50cmオーバーの大型チヌが狙えるポイントだ。

釣行メモ

捨てられたゴミやマナー違反から釣り禁止になっている場所が増えています。ゴミは必ず持ち帰ってください。