信頼のハリスで52cmの口太グレをキャッチ!/御五神島 菊池バエ高場(愛媛県宇和島市)

投稿者
アバター

釣歴12年。よく行く釣り場は御荘湾、しまなみ海道一帯、御五神島、日振島。MFG所属。ファゾムテクニカルモニター

HIROをフォローする

1月18日、新年初釣りにホームグランドの御五神島へ寒グレ釣行しました。

いつもお世話になっている「濱田渡船」の船長に新年の挨拶を済ませ、熱気ムンムンの船に乗り込みました。

上がった磯は、釣らせる船長オススメの「菊池バエ」高場です。ここは、潮通しも良く、足元から急深していていかにも良型が潜んでいそうです。

 

さっそく準備を済ませタックルを組みます。

磯竿1.5号で道糸はいつも信頼しているfathom『ブルーモデル』2号。ハリスは同じくfathomのハイエンドモデル『エクストリームセレクション』2.25号をチョイスしました。

このハリスは、際立つしなやかさで潮を噛むように潮馴染んでくれます。また、魚を掛けてからのやり取りにおいては、このハリスの代名詞である耐磨耗性能が存分に発揮されるので、良型とのやり取りにも有利に展開出来ます。

まだ、使ったことが無い方にも自信を持ってオススメ出来ますよ。本当に皆さんに手にとって欲しい逸品です。

fathomホームページ

 

まずは、磯際から3ヒロ半のタナをじっくり攻めて行きます。

開始1時間、流れがぶつかる壁の中に流していたウキがゆっくり沈んで行きます。一呼吸おいてアワセを入れるとかなりな重量感。しかも心地よい突っ込みを感じグレだと確信し、落ち着いてやり取りします。

数回の鋭い突っ込みにもfathomラインが、抜群の結束強度と耐磨耗性能で安心してやり取り出来ます。しばらくして海面に上がってきたのは、重量感ある大型グレ。

緊張しましたが、なんとか無事タモ入れ成功し、測ってみると、自己新記録となる52センチの口太グレでした。

この後、48センチを追加でき、令和2年初釣りは、満足イッパイの釣行となりました。

今年は信頼のラインと更なる記録更新を目指して行きたいと思います。

《釣行メモ》

釣行日 2019年1月18日
潮汐 小潮
 満潮  13時08分
 干潮  06時48分
  (宇和島)
利用渡船 濱田渡船

《使用タックル》

竿 ファイアブラッド デリンジャー 1.5号 シマノ
リール BB-XテクニウムX C3000DXG SUTブレーキタイプ シマノ
道糸 ブルーモデル 2号 ファゾム
ハリス エクストリーム セレクション 2.25号 ファゾム
ウキ ファイアブラッド ゼロピットDVC B シマノ
ハリ 凄腕グレ5号 金龍鉤

浮力Bから2Bのウキを使って2ヒロ半から5ヒロまでを探ってグレの補食棚を見つけました。

《使用したエサ》

サシエ くわせオキアミスーパーハードMサイズ、くわせオキアミV9Mサイズ、くわせ丸えび丸呑みレッド マルキユー
マキエ
グレパワーV9(徳用)×1+グレパワー沖撃ちスペシャル×1+グレパワーVSP×1 マルキユー
オキアミ生 3㎏×2枚+赤アミ 6㎏