寒の下津井沖で満足のチヌ釣り/下津井 松島北中(岡山県倉敷市)

投稿者
重野 司

(しげの つかさ)/岡山黒鯛倶楽部、GFG、釣研FG、岡山ふかせ釣り愛好会所属。東レラインテスター。

重野 司をフォローする

第3回 東レ懇親チヌ釣り大会 in 中国

3回目となる『東レ懇親チヌ釣り大会 in 中国』に、スタッフ兼選手として参加しました。

時期的に厳しい2月の下津井であるがため、正直私自身「釣れるんじゃろうか?」という思いがありました。自分の引き出しの範囲で準備を行い、当日をむかえました。

当日は雨で、さらに潮変わり位から風が強くなるという予報。これは数日前から出ていましたが、それでも中国、関西から総勢80名の参加者が集まり、ありがたいという感謝の気持ちでスタッフ業務をこなしました。

 

最後に引いた私のクジは「きりしま1の3番」。「あっ 近場だ」と、少々残念な気持ちに…。なぜかはわかりませんが、沖のほうが歩がある思ったのでしょう。

そんな中、私の上がった磯は「松島の北中」。過去に2回上がってますが、いずれも乗っ込みの時期です。

 

風が強くなるという予報なので、道糸はいつも愛用している『銀鱗SS(スーパーストロング) NEO』の1.5号です。このラインは、なかには「見えにくい」という方もいますが、撥水性もよく風に対応出来、何よりラインメンディングがしやすいのが気にいってます。

 

準備をする私の手は遅く(何となくやる気がない)、やっと竿を出したのは7時50分頃。

1投目からエサを取られ、潮は速い。2投目では潮が緩むも、これまたエサ無し。

そこでウキ下を6mから4.5mにしたら、アタリ! 間違いなくチヌ!! 幸先いいのか、これで終わるのか? 40センチクラスのチヌで、よく引きました。

次の1投に備えてマキエを数杯打ち、取り込んだチヌを活かす様に用意してから、次へ。すると、またアタリ! 

しっかり食わせる為に道糸を張り気味にすると、竿先にツンと感触が! これまたよく引くチヌでした。

 

あと1匹でリミット達成! 釣れるだろうと思ってたのですが、はやくも潮が変わってます。転流にはまだ1時間半もあるのに…。あっちこっちへフラフラと小さい潮の時にある下津井独特の潮のふらつきが1時間も続きなす術なしです。

30m程沖を狙っていたのですが、10~15m程を2ヒロのウキ下で流し釣りをするとようやく3匹目をGET! 一安心です。

 

潮が落ち着くまで小休止し、サイズアップを狙いますが、相変わらずふらつく潮に悩まされます。

11時頃に朝と同じ様な流れとなり、ウキ下を再度6m程にして流します。すると、道糸が「バチバチ」と出ていき、マダイが来たと思い慎重に寄せてきます。

浮いてきた魚を見るとマダイではなくチヌ! しかもデカイ! 50がらみのチヌです。

タモを手に取ったその時です。竿が跳ねあがり、ハリ外れと思ったのですが、掛り所が悪かったのでしょう。ハリ折れていました。

「無念…」

 

その後、根ズレによるバラシとなったりで、なんだか悪い方向へ。気を取り直し釣りをしますが、今度は食いが渋くなりサシエを離すという活性が低くなる状況です。

折られて3号にしていた針を1号に戻し、ハリスも1.2号へ。ウキは3BからBにチェンジし、ハリスの真ん中にG5程度のガン玉を打ち、フカせる部分を確保してアタリを出やすくしてみます。

ガン玉がハリに近い方がアタリは出やすいのですが、その反面、仕掛けが立ちすぎて食いが悪くなると考え、その後はサシエを先行させる様にこまめにラインを打ち返してハリからウキまでの張りを意識します。

すると、すぐに答えが出て35センチクラスを2枚追加する事が出来ました。

それでも、2枚共、唇にハリ掛かりでした。

 

5枚取り込み2枚バラシ。エサ取りはフグ。厳寒期なら満足の釣果です。ひょっとしたら順位的にもと色気が出ましたが、もっとデカイのを釣られた方もおられ、6位入賞という結果でした。脱帽です。

 

今回、2月の下津井という事で、釣果を心配していたのですが、審査方法のチヌ3匹の総重量をクリアした方が結構おられ成功を収める事が出来ました。

 

私は、寒の時期の釣りという事で、常日頃と同じ事をしてはダメだと思い変わった事をしてみました。

1つはマキエ。匂いの強烈な集魚材を使い、オキアミを使わずアミエビと混ぜ集魚効果を高める事。

もう1つはハリ。通常は2〜3号のハリを使うのですが、今回は1号のハリで、短軸軽量で吸い込みを重視しました。

そして、最後の手段はサシエ。数種類用意し、ローテーションしながらその日のアタリエサを見つけました。今回全て『くわせオキアミ 食い込みイエロー』で釣れました。

この事が釣果に繋がったとは100%言えませんが、それなりの恩恵があって結果になったのでないかと思えます。

釣れるのであるなら何でも試してみる! これも自分の引き出しを増やす材料ではないでしょうか。

《釣行メモ》

釣行日 2019年8月18日
潮汐 大潮
 満潮  13時34分
 干潮  07時23分
  (広島)

《使用タックル》

竿 がま磯アテンダーⅡ 1号5m がまかつ
リール BB-Xデスピナ2500DXG シマノ
道糸 銀鱗スーパーストロングNEO 1.5号 東レ
ハリス スーパーL・EX HYPER 1.2〜1.5号 東レ
ウキ 黒魂Trump2 3B、黒魂BROS遠投 B キザクラ
ハリ 丸呑チヌ 1号、掛かりすぎチヌ 3号 がまかつ
ハリス スーパーL EX
ウキ 黒魂

《使用したエサ》

サシエ マルキュースーパーハードBIG L、くわせオキアミ食い込みイエローL、くわせオキアミスペシャルL、食い渋りイエロー、高集魚レッド マルキユー
マキエ 爆寄せチヌ、瀬戸内チヌ、純正イワシ粉末、ニュー活さなぎミンチ激荒を各1袋+アミエビ16切り4枚 マルキユー