フカセ釣りで真鯛連続ヒット!/小豆島 イチノソワイ(出船:岡山県牛窓)

投稿者
泉田 勝

GFG中国地区本部事務局長、花遊会、がまかつフィールドテスター、マルキユーフィールドテスター、サンラインフィールドスタッフ。

泉田 勝をフォローする
小豆島 真鯛 泉田
50cmの真鯛を釣り上げた筆者

6月27日(土)、いつもお世話になっている「まこと渡船」さんにお邪魔して小豆島へ釣行しました。

千振方面、大部方面のどちらに向かうのかと思っていると、千振方面とのことでしたので、真鯛を狙おうと釣友の藤さんと一緒に「イチノソワイ」をお願いしました。

小豆島 イチノソワイ
海上から見る磯全景

 

※ドローンによる空撮でイチノソワイも紹介! 【空撮 岡山釣り場ガイド 島しょ部版】

 

渡磯時には既に狙いの下げ潮が川の流れの様に足元から沖へ向けて流れています。マキエを20杯ほど撒いて真鯛の目を覚まさせておいてから仕掛けの準備をしました。

 

竿・がま磯『マスターモデルⅡ口太MH』に、道糸『テクニシャンネオ2.5号』(サンライン)とハリス『パワーストリーム2号』(サンライン)をセットします。これにウキ『松遠2-BB』(サンライン)にジンタン1号(G1)とガン玉3Bを打ち、潮の流れで仕掛けが浮き上がらないようにしました。

 

開始早々、藤さんは根魚やチャリコを連発しています。私は全くアタリがない状態でしたが、30分ほどすると、手元からラインがはじけて出て行きました。

アワセを入れて間違いなく真鯛だと確信します。無事に釣り上げたのは40cm弱の真鯛で、狙いのサイズではありませんが、ボーズ逃れの一枚にホッとしました。

その直後、藤さんに43cmの真鯛が釣れました。

小豆島 真鯛を釣った藤さん
良型を釣り上げた藤さん

 

しばらくして、下げ潮が終わり上げ潮に変わりますが、藤さんによると「前回、来たときは南側50m以上沖にある藻の更に向こう側で連発しました」とのこと。何度も高切れしてウキをロストしたそうです。

 

今回はその沖の藻に流れるまでに魚を掛けるために、ウキを『松山』に変更し、わずかなアタリでも捕らえるようにして手返しを早くしました。こうか

松山と松遠
最初に使用した『松遠』(左)と近場狙いで使用した『松山』

すると、20mほど沖の藻の際でウキが消し込み、少々乱暴な引き味で上げってきたのは50cmの真鯛でした。その直後、潮のヨレを流していた藤さんにも40後半の真鯛が釣れます。

 

近くではアタリがなくなったので、『松遠』に戻し、ウキのロストを覚悟ではるか沖まで流していくと、竿引きのアタリでドラグが出て行きます。しばらく走ったところで竿を立てると、強烈な引きで瞬殺されました。

沖にもシモリがあるので、そのシモリに触れたのだと思います。その後も何匹か釣れて時間が来たので納竿としました。

イチノソワイ 釣果 真鯛
釣果の一部、50㎝~の真鯛

《釣行メモ》

釣行日 2020年6月27日
潮汐 小潮
 満潮  03時26分
 干潮  09時52分
  (宇野港)

《使用タックル》

竿 がま磯マスターモデル口太Ⅱ MH 5.0m がまかつ
リール BB-Xテクニウム2500DXGS LEFT シマノ
道糸 テクニシャンネオ2.5号 サンライン
ハリス トルネード松田スペシャル競技パワーストリーム2号 サンライン
ウキ 松山3B、松遠2-BB サンライン
ハリ チヌエース4号、5号 がまかつ
サンライン パワーストリーム
ハリス『パワーストリーム』(サンライン)
がまかつ 針 チヌエース
針『チヌエース』(がまかつ)

《使用したエサ》

サシエ くわせオキアミスペシャル、くわせオキアミ食い込みイエローL マルキユー
マキエ チヌパワームギスペシャル、チヌパワーVSP マルキユー
チヌパワームギスペシャル チヌパワーVSP
当日使用した『チヌパワームギスペシャル』、『チヌパワーVSP』とサシエサ(マルキユー)