能美島の波止から良型チヌをキャッチ/能美島 小田漁港(広島県江田島市)

投稿者
マグmag

広島の陸路で行ける島、江田島をメインに活動しているマグmagです!
フカセ釣りを始めて数年が経ち、磯や波止から釣りを楽しんでいます。
ブログ 『マグmagの釣り日誌!』 https://ameblo.jp/magmag6313/

マグmagをフォローする

皆さまお疲れ様です。江田島のマグmagです。今回は波止からの釣行を載せたいと思います。

 

釣行日は10/12(月)。

場所は広島県江田島市の能美島にある小田漁港です。長波止の方がメインの釣り場ですが今回は反対の波止からの竿出しとなりました。

 

まずは、新しく手に入れたgartz(ガルツ)の『飛攻 沈めSP』を使用しての全遊動の釣りを展開しました。

自分の軸とするウキにgartzの『飛攻黒鯛』シリーズがあり形状はよく似てますが、『飛攻 沈めSP』はより重く、沈めに特化したシリーズとなっています。

 

マキエを竿4本(約20m)ほど先に打ち、マキエにかぶせるようにウキを投入します。思った通りよく飛び、形状の為かブレなく正確に投げ込むことができました。

開始時は風もなく暑いほどでした。エサ取りも非常に多く、スズメダイやフグが混在しているのが見えたため足元にも適宜マキエを打ってなるべく沖に出ないようにします。

 

数投するとラインが走り、チャリコが釣れてきました。この波止は大黒神島と江田島の間にあり潮通しもよいため良型の真鯛も釣れることのある波止です。

チャリコ マダイ

「幸先よし!」と思っていましたが、それからボラとエサ取りの活性が上がりなかなかエサが残らない状況となりました。

エサをローテーションしたり、より遠投したりガン玉を足したりしますがなかなか反応が良くありません。

さらに横風が強くなり、波止の高さと相成ってライン操作が非常にやりづらく膨らんだ道糸が仕掛けの邪魔をしてきます。

粘りましたが状況の好転が見込めなかったため、思い切って波止の内側に移動を決断。

横風は変わりませんが、内側から外へ向けて流れる潮があったため外向きよりははるかにやりやすい。

 

新ウキへの鱗付けはまた次回に持ち越しとし、仕掛けをgartz『飛攻黒鯛』シリーズの5Bを使った半遊動に切り替えました。3mmストレートパイプで糸抜けが良く、感度の良い形状でしっかりあたりを出してくれる頼れるウキです。

横風に負けないよう重ための仕掛けでしっかり仕掛けを立たせて流していきます。

 

マキエを多めに打ちますがエサが残ってきました。エサをローテーションしながら反応を見ます。

しばらくするとエサが取られるようになり、オキアミとコーンを付けた仕掛けが馴染むなりロケットのようにウキが消しこみました!

ガッチリとアワセも決まり、やり取り開始です。一気に突っ込みますが体全体でいなして耐えます。なかなかの重量感ですがジリジリと浮かしたも入れ完了!

綺麗な良型チヌ42cmでした。

濃美島 小田漁港 釣ったチヌ

 

続け様にアタリがありましたがこれは大きなヒガンフグ。海況がよくなってきたかなと思いましたが時間のため納竿です。

 

なかなか厳しい釣行でしたがなんとか結果を出せて一安心です。

これからもっと釣れてくるはずなので皆さんも是非江田島でチヌを狙ってみてくださいね。

『マグmagの釣り日誌!』

《釣行メモ》

釣行日 2020年10月12日
潮汐 若潮
 満潮  05時04分
 干潮  11時40分
  (呉)

《使用タックル》

竿 20 銀狼王牙0.6-53 ダイワ
リール 12 TOURNAMENT ISO 3000HLBD ダイワ
道糸 磯スペシャル テクニシャン NEO 1.75号 サンライン
ハリス スーパートルネード1.5号 サンライン
ウキ 飛攻 沈めSP、飛攻黒鯛5B ガルツ
ハリ 極チヌ2号 ヤイバX

《使用したエサ》

サシエ オキアミ生・ボイル、練りエサ 橙・赤、コーン  
マキエ チヌの舞ホワイト2袋+パン粉1袋+コーン1/2缶+オキアミ生 3kg  
ダイワ(DAIWA) チヌ・磯竿 銀狼王牙 AGS 06-53・R 釣り竿

ダイワ(DAIWA) チヌ・磯竿 銀狼王牙 AGS 06-53・R 釣り竿

69,454円(10/26 19:43時点)
Amazonの情報を掲載しています