御荘湾で寒グレ釣り/御荘湾・イナグラ(愛媛県愛南町)

投稿者

釣歴12年。よく行く釣り場は御荘湾、しまなみ海道一帯、御五神島、日振島。MFG所属。ファゾムテクニカルモニター

HIROをフォローする

釣行日/2021年11月28日

気候もかなり本格的な冬に近づき寒さも増した11月28日、寒グレを求めて愛媛県の御荘湾(愛南町)に釣行しました。

 

いつもお世話になる橋本渡船にお願いし、お客さんも多い中、2番船にて7時30分に出船です。

道中に船長から「イナグラ空いてるよ」との勧めがありました。

御荘湾内を出たところにある有名な三ッ畑島の更にその先にその超一級磯「イナグラ」があり、渡礁しました。

ここは、荒れた天候の時は渡礁出来ない程狭くて小さな磯ですが、潮通し抜群で尾長グレや青物も混じるとても魚影の濃いポイントです。

超一級磯に上がれた高ぶる興奮を抑えつつ、早速道具の準備に取り掛かります。

 

朝イチの状況は、小潮の引き潮が緩く、あまり流れてなくマキエを撒くとゆらゆらとハコフグ、スズメダイ、オセン(スズメダイ)がマキエに群がりますがあまり厳しくない程度の数です。

その下に中型のグレも確認出来期待が上がります。

 

仕掛けですが、竿は御荘の大型グレに備えて1.5号をチョイス。道糸は絶大な信頼がおけるファゾムさんの『ブルーモデル』2号。ハリスはこれまた全幅の信頼をおくファゾムさんのハリス「LEVEL2号」をチョイスし、直結で一ヒロ半程取りました。

ファゾムさんのラインと出会い、それからずっと愛用していますが、私は道糸とハリスを直結で結びます。このラインは結束力に優れた上、しなやかも抜群で、魚を掛けてからのやり取りもスムーズに行えます。

まるで、道糸とハリスが結び目の無い一本のラインの如く仕掛けを落ち着かせる事ができ、まさに自分の今の釣り方になくてはならないマストなアイテムです。

これが無いと不安が付き纏い、釣りに集中できない程信頼しています。

まだまだ、使った事の無いアングラーの皆様におすすめしたい「最強ハリス」です。

ファゾムさんのホームページはこちら

 

日が昇るに連れ、それまで居なかったウスバハギが現れました。そのうちに大群をなし、流れの中にも入ってきてかわしきれなくなり釣りにならない時間もあり苦戦しました。

それでもその中でポツポツと尾長混じりでグレを拾うことが出来ました。

納竿間際に50センチ近くの大型グレがヒット。

タモ入れ寸前で私が魚を誘導するコースを間違えて一瞬の隙を与えてしまい、瀬際に突っ込まれました。ラインも粘り強く耐えてくれ、凌ぐかと思われた瞬間にハリス切れで取り逃がす大失態。

最後に苦渋を舐めましたが、これから始まる寒グレ最盛期に向け楽しみと反省すべき課題と両方を実感した釣行でした。

 

まだまだ釣技を磨き続けて努力を重ねて行きたいと思います。

御荘湾 グレ 釣果
御荘湾 イナグラ

 

 

《釣行メモ》

釣行日2021年11月28日
潮汐長潮
 満潮 14時06分
 干潮 07時27分
 (宇和島)

《使用タックル》

竿BB-XスペシャルMZⅢ 1.5号 500-550(シマノ
リールBBXテクニウムDXG 3000番 SUTタイプ(シマノ
道糸ブルーモデル2号(ファゾム
ハリスレベル2(2号)(ファゾム
ウキ海願 B、3B(国見ウキ)
ハリ沈め探りグレ6号(鬼掛

 

《使用したエサ》

サシエスーパーハードMサイズ V9Mサイズ 丸呑みレッド(マルキユー
マキエグレパワーV9スペシャル×1袋、アミパワーグレスペシャル×1袋、超遠投グレ×1袋(マルキユー)+オキアミ生3キロ×3枚 

 

釣行記事
シェアする
HIROをフォローする
フカセ倶楽部