大村湾の護岸でチヌ釣り/佐瀬の護岸(長崎県諫早市多良見町)

投稿者

長崎県在住。チヌを追って身近な場所から五島列島遠征までする生粋のチヌ釣り師。釣研FG八女支部所属。釣研アンバサダー。

宮内 翼をフォローする

○釣行日/2022年6月4日

息子と2人で上げ潮の潮止まりまでの短時間釣行。今回は大村湾の湾奥に位置する佐瀬の護岸から竿を出すことにしました。

この佐瀬の護岸は釣れる型が20センチ~40センチと大型はなかなか出ませんが、車横付けで足場がとても良く、ファミリーフィッシングには打ってつけの場所です。

今回は短時間の竿出しなのでオキアミ3kgにマルキューの『チヌパワーVSP』を一袋の配合としました。

仕掛けはアタリが分かりやすい釣研のウキ『T-LANCER』に『遊動ガン玉』をセットした半遊動仕掛けです。

大村湾は潮の流れがあまりなく、少しの違和感で魚がサシエを離す事があるので、遊動ガン玉を使用してサシエをくわえた際の抵抗を抑える試みです。

マキエをしっかり効かせて釣り開始。日中のベタ凪なのでなかなか厳しいかなぁ~と思いきや、開始15分でヒット! 型は34㎝ですが、子供がやり取りするには十分楽しめるサイズです。

すると、足元に同サイズの魚影が確認できました。マルキユーの『くわせオキアミ食い込みイエロー』を付けて投げると一発でヒット! 浅場で掛けた魚は思う以上に走りが強く、魚に主導権を取られがちでしたが、何とか父の構えるタモに納まりました。

これは35㎝と1センチアップでした。

まだまだ釣れそうな気配でしたが、日差しがますます強くなって来たので熱中症を避けて早めに納竿。釣り場をキレイに流して帰路に着きました。

 

 

《釣行メモ》

釣行日2022年6月4日
潮汐中潮
 満潮 10時04分
 干潮 04時43分
 (長崎市)

《使用タックル》

竿子供用コンパクトロッド1.6m
リールインパルト2500LBD(旧版)(ダイワ
道糸TGピースマスター磯ビヨンド 2号(DUEL
ハリスフロロカーボン 1.5号 1m
ウキT-LANCER S-B(釣研
ハリ勝負ちぬSS 2号(金龍鉤
オモリ道糸に落としナマリとして釣研『遊動ガン玉』G3、ハリスはガン玉なし

 

《使用したエサ》

サシエくわせオキアミ食い込みイエロー、くわせ練りエサ・チヌ 食い渋りイエロー(マルキユー
マキエチヌパワーVSP(マルキユー)+オキアミ3kg

 

釣行記事
シェアする
宮内 翼をフォローする
フカセ倶楽部