大村湾の渚でチヌ釣り/大村湾横浦バス停の渚(長崎県西海市)

投稿者

長崎県在住。チヌを追って身近な場所から五島列島遠征までする生粋のチヌ釣り師。釣研FG八女支部所属。釣研アンバサダー。

宮内 翼をフォローする

○釣行日/2022年7月31日

台風通過後の7月31日(日)、息子と大村湾に釣行しました。

台風が通過したので風が収まるのを期待していましたが、相変わらず風が強いまま。時化に強い大村湾でも風裏で、なおかつ子供でも安全に竿出しできる場所を探すのに苦労しました。ようやく西海市の横浦のバス停前の渚から竿を出す事にしました。

ここは大型チヌこそ難しいですが、40センチクラスまでの中型の数釣りが期待できるとともに、風の影響をあまり受けにくい場所です。

釣り場に着いてまずはマキエを仕掛け作り。マキエはオキアミ3キロに、向かい風でもまとまって飛びやすいマルキユーの『チヌパワーVSP』を1袋混ぜ合わせました。サシエは同じくマルキユーの『くわせオキアミ食い込みイエロー』と『くわせ練りエサチヌ食い渋りイエロー』を用意しました。

仕掛けは向かい風でも飛びやすく、視認性が良い釣研の『T-LANCER』に『遊動ガン玉』をセットした全遊動仕掛けで上層から底までゆっくり探るようにしました。今回、父(私)はサポートに徹するので、息子の仕掛けのみ準備です。

T−LANCER 遊動ガン玉
ウキ『T-LANCER』と『遊動ガン玉』(釣研)

釣座から15メートル先にマキエをしっかり効かせてから釣り開始。まずはオキアミで攻めます。すると、2投目にしてウキがスパっと海中に消し込む気持ち良いアタリ。子供なりに頑張ってやり取りし、渚に引き上げたのは36センチの本命チヌ!

いきなりのヒットに息子も喜び、次を狙います。すぐ様アタリがありやり取りを開始するも、これは掛かりが浅かったのか敢えなく針ハズレ。

ここで向かい風が強くなって来たのでウキを釣研の『Xライナーヘビー』に変更。どっしり安定感のあるウキだか高感度なので愛用しているウキです。

するとウキを変えた1投目にアタリ! すかさず息子がやり取りを開始し、33センチのチヌを取り込みました。

その後30〜32センチのチヌを2匹追加したところで、向かい風がますます強くなって来たので納竿。釣座を綺麗に洗い流して帰路に着きました。

 

 

《釣行メモ》

釣行日2022年7月31日
潮汐中潮
 満潮 09時11分
 干潮 15時44分
 (佐世保)

《使用タックル》

竿子供用コンパクトロッド1.6m
リールシグナス2500HLBD(ダイワ
道糸TGピースマスター磯ビヨンド2号(DUEL
ハリスフロロカーボン1.5号 2m
ウキT-LANCER B、Xライナーヘビー B (釣研
ハリ勝負ちぬSS 2号(金龍鉤
その他道糸に落としナマリとして釣研遊動ガン玉G3、ハリスにはガン玉なし

 

《使用したエサ》

サシエくわせオキアミ食い込みイエロー、くわせ練りエサチヌ食い渋りイエロー(マルキユー
マキエチヌパワーVSP×1袋(マルキユー)+オキアミ3キロ

 

釣行記事
シェアする
宮内 翼をフォローする
フカセ倶楽部