はじめての場所でチヌ2ケタ釣果!/二の島地磯(熊本県水俣市 湯の児島公園)

投稿者

坂本 功一郎(さかもと こういちろう)/福岡在住。釣りはチヌフカセのみ! 生粋のチヌ釣り師。釣研フィールドテスター

坂本 功一郎をフォローする

○釣行日/2022年10月2日


熊本県水俣市の「二の島」の地磯に息子と釣行しました。

湯の児海水浴場の駐車場に車を停めて、遊歩道沿いに歩いて、小さな橋でつながる湯の児島へ。その先にさらに小さな橋でつながっているのが二の島です。

道中、竿出しできそうな釣り場が数か所ありましたが、二の島の東側の岩場に釣り座を構えることにしました。釣り場観察してみると、岩礁帯と砂地が入り交じった絶好のチヌ釣り場という印象。

岩礁帯があるエリアは海底の起伏が激しいですが、30m以上遠投すれば砂地のようでした。

足場のいい地磯でした

釣り場り入した時点で、干潮を過ぎて満ち潮に変わっているものの、潮位はまだまだ低く、30mほど沖で水深は約6mほど。北向きの釣り座のため、午後から吹く予報が出ている向かい風が出てくると釣りづらくなることが予想されるます。

できれば午前中のうちに釣りたい! と、さっそく30m以上遠投して海底付近を丹念に探っていきます。

そして快調にチヌをヒット! させたのは息子で、私ははじめての釣り場にアジャストさせる釣りがなかなか展開できずにいました。

お昼前には、予報どおり、向かい風が強まってきました。狙いの距離まで遠投できず、やむなく釣り座を移動。

しかし、こちらは魚の反応が薄かったので、風が弱まるタイミングで元の釣り座に戻りました。どうにか狙いの距離まで仕掛けを投げられます。

エサ盗りはさほど気にならず、潮の動きもゆっくりと右に流れるチヌ潮。

ウキを釣研『大征黒』00号に変え、落としナマリにG5を打った全遊動仕掛で、チヌがサシエを見つけやすいように練りエサをゆっくり落とし込みます。

するとさきほどまでの渋い状況とは一変! チヌの食い気のスイッチが入ったのでしょうか、中層からかなり上層まで浮いてエサを食うようになりました。

結果、わずか2時間の間に最大45㎝を頭に7匹釣ることができました。息子は最大47㎝を頭に4匹キャッチ。2人で合計11匹の2ケタ安打を達成することができました。

チヌの釣果持つ
今後も良型チヌが狙えるそうです

地元の方に聞くと、この釣り場は、11月以降でも良型チヌが狙えるとのことです。チヌ狙いの方には、ぜひ一度竿出ししていただきたい釣り場です。

 

釣果
私は7匹、息子は4匹キャッチ

 

《釣行メモ》

釣行日2022年10月2日
潮汐小潮
 満潮 13時17分
 干潮 06時36分
 (水俣)

《使用タックル》

チヌ釣り仕掛け

 

《使用したエサ》

サシエエサ持ちイエロー、高集魚レッド(マルキユー)※上記2種がヒットサシエ。単体や混ぜて使用
マキエニューチヌパワーダッシュ、チヌパワー激濁り(マルキユー)+オキアミ1.5kg+ニュー活さなぎミンチ激荒(マルキユー)+小粒のムギ 1kg
使用した配合エサ

 

釣行記事
シェアする
坂本 功一郎をフォローする
フカセ倶楽部