上五島の波止でチヌ釣り/間伏郷の波止(長崎県新上五島町若松島)

投稿者

長崎県在住。チヌを追って身近な場所から五島列島遠征までする生粋のチヌ釣り師。釣研FG八女支部所属。釣研アンバサダー。

宮内 翼をフォローする

○釣行日/2022年12月31日


上五島のチヌを持つ

2022年の釣り納めに年無しチヌを求めて上五島に釣行しました。

釣りの聖地である上五島でもこの時期になると巨チヌを狙うのは難しくなりますが、50センチ前後なら高確率でチヌに出会う事ができます。

当日は冬の季節風の影響が強く、なかなか竿出し可能な場所が見つかりませんでしたが、若松湾の最奥部にある間伏郷の波止から竿出しする事にしました。

釣り場に到着すると40〜45センチクラスのチヌが5匹程度確認できました。五島サイズではありませんが、チヌの姿を確認できたので早速マキエと仕掛け作りを始めます。

間伏郷の波止

マキエはオキアミ3キロに最近お気に入りのマルキユーの『湾チヌスペシャルII』を1袋混ぜ合わせ、水分は極力控えめにして向かい風でも遠投出来るようにしました。

マルキユー 湾チヌスペシャルⅡ
使用したエサ

仕掛けは釣研の『エイジアLC』と『T-J』を状況に応じて使い分け、ガン玉なしで着水後ゆっくり探って行く作戦としました。

釣り開始前に15分程マキエを効かせてから仕掛けを投入。すると、1投目にしてウキがスパっと消しこみました。すかさずアワセを入れると首を振るチヌの引き。型は40センチでしたが、真冬でも1投目から五島の魚影の濃さを体感しました。

「これは入れ食いか」と内心期待しましたが、真冬の海はそうもうまくいかず2匹目がヒットしたのはそれから1時間以上経過してからでした。これは『エイジアLC』で20メートル程遠投して攻めたところ、気持ち良い消しこみのアタリを見せてくれました。

その後もアタリを拾うのになかなか苦労しましたが、足元にチヌの姿を確認。じっくり待ち伏せして攻めると今回最大の46センチがヒット。足元でヒットしてからの走りは強烈でした。

その後は潮が下げ潮に変わるとアタリが途絶えたので釣り場を綺麗に洗い流し納竿。50センチ超の年無しはでませんでしたが、チヌの顔を見る事ができ、良い釣り納めをする事ができました。

チヌと釣れたウキ エイジアLC T-J
使用したウキ『エイジアLC』『T-J』と五島のチヌ
チヌとウキと竿
五島列島のチヌとエイジア

 

《釣行メモ》

釣行日2022年12月31日
潮汐小潮
 満潮 14時52分
 干潮 08時18分
 (福江)

《使用タックル》

竿がま磯マスターモデルⅡチヌMH-50(がまかつ
リールBB-Xハイパーフォース2500DXG(シマノ
道糸ナイロン2号
ハリスシーガーグランドマックス2号 3m(シーガー
ウキエイジアLC 2B、T-J NT B(釣研
ハリ勝負チヌSS 3号(金龍鉤
落としナマリとして道糸に『遊動ガン玉G3』(釣研)、ハリスにはガン玉なし

 

《使用したエサ》

サシエくわせオキアミ食い込みイエロー、くわせ練りエサチヌ食い渋りイエロー(マルキユー
マキエ湾チヌスペシャルII(マルキユー)+オキアミ3キロ

 

釣研 エイジアLC オレンジ B

釣研 エイジアLC オレンジ B

1,881円(02/07 23:19時点)
Amazonの情報を掲載しています
釣研 遊動ガン玉 B

釣研 遊動ガン玉 B

277円(02/08 02:33時点)
Amazonの情報を掲載しています
釣行記事
シェアする
宮内 翼をフォローする
フカセ倶楽部