『NEW リンカイ アートレータ06号 530&1号 530』(シマノ)×大知昭 実釣インプレッション

投稿者
フカセ倶楽部編集部

フカセ倶楽部編集部スタッフです。大会リポートについては大会関係者から送られたものを「フカセ倶楽部編集部」として掲載していることもあります(※本文最後に報告者を記載)。

フカセ倶楽部編集部をフォローする
シマノ リンカイアートレータで投入する大知昭

シマノ最新テクノロジーの粋を集めた3代目リンカイアートレータ。詳しくはコチラのリンク参照 シマノ チヌフカセロッド『リンカイ アートレータ』×大知昭

今回は開発にも携わったチヌフカセ釣りのスペシャリスト・大知昭さんによる『NEWリンカイ アートレータ』の実釣インプレ編。

06号530/烏島(山口県柳井沖)

大知さんは『NEWリンカイ スペシャル』を携えて2度釣行。

1回目は「06号 530」で山口県の柳井市沖の烏島、2回目は「1号 530」で山口県上関沖・横島の無名磯へ挑んだ。

まずは烏島。

ここは周囲がシモリと藻場だらけの磯。チヌは多いが、掛けた後は的確なやり取りが必要となる。

この難易度の高い磯だが、大知さんは沖でチヌをヒットさせると、的確なやり取りで障害物をかわしながら寄せて良型を次々と取り込んだ。

「(NEWリンカイ アートレータは)少し強めにタメると、掛けたところですっとチヌが浮く。それも強引に浮かせるわけじゃないからチヌは怒らないんだよ。これには本当に驚かされるね」

竿を曲げる大知昭

シモリや藻が多い釣り場だが、大知さんと『NEWリンカイ アートレータ』は沖で浮かせてスムーズに取り込んだ

リンカイアートレータ で浮かせる大知

「40cmはあるけどもう浮いたよ。軽くて細い06号の竿と思えない」と大知さん

海面のチヌ

水面を滑らせるようにチヌを寄せてくるので、シモリや藻があっても関係無い。チヌを暴れさせない釣りが可能な竿だ

この日の烏島は強い風が吹いていたが、『NEWリンカイ アートレータ06号530を使う大知さんは、仕掛けを狙いの場所へ正確に投げ込んでいたのが印象的だった。

大知昭 リンカイアートレータ 投入

「とにかく心地よく仕掛けが飛ばせる。風で仕掛けが流されることを計算しての遠投になるけど、この竿はブレないからその精度をすごく簡単に上げられる。だから投入スペースの限られた場所での釣りでも問題ないね!」

リンカイアートレータで釣ったチヌを持つ大知昭

『NEWリンカイ アートレータ』の性能をフルに引き出し、チヌを連続ヒットさせた大知さんは笑顔で語ってくれた。